CR遠山の金さん攻略法2 − 高効率台を選ぶべし!

スポンサードリンク
CR遠山の金さんもデジパチの一種として、デジタル画面を回すスタートチャッカーへの球の入りやすさを最優先にした台選びをすることは当たり前。攻略しようにも、攻略始点となるデジタル画面の回りが悪くては攻略のしようがありません。

そこで台選びに是非利用したいのが、機種の損益分岐点を表す”ボーダーライン”。投資額1000円に対して収支が0となるデジタル画面回転数、つまりスタートチャッカーへ入る球の数を表したボーダーラインは、最も明確にデジパチ台を選べる基準と言うことができます。

今まで、「なんとなく」といった感覚だけに頼って台選びをしてきた人がこの基準で台選びをするようになったら、それだけで勝てる可能性が増幅するわけですから、活用しない手はありませんよね。そのボーダーライン、CR遠山の金さんでは次のようになっています。

【CR遠山の金さんNL ボーダーライン ※時間無制限の場合】

換金率:2.5円 → 回転数:22回
換金率:3.0円 → 回転数:21回
換金率:3.5円 → 回転数:20回
換金率:4.0円 → 回転数:17.7回

またボーダーライン以外にもうひとつの台選び基準としたいのがスルー調整の良し悪しで、例えば大当たり後に必ず突入する「御白州チャレンジ」のように、かなり長い演出が続く際の電チューサポートでの止め打ちにしっかり対応できる台を選ぶようにしたいものです。

CR遠山の金さん攻略法1 − 事前の攻略想定を練るべし!

スポンサードリンク
攻略を進めるに従い、徐徐に重要度が増してくる事前の攻略想定。この想定には色々な方法があってその方法ごとに拠所も異なるわけですが、最もベーシックで信頼ある情報として利用できるのは、やはりメーカーが公表する機種の基本情報であるスペックということになります。

ですから独自の確固たる拠所がある人は別として、賞球数はどうなっているのか?、大当り確率はどれくらいか?、確変突入率は?、時短の回数は?といったスペック各項目の内容を、先ず最初に押えることが肝要。CR遠山の金さんでは、次のようになっています。

【CR遠山の金さんNL スペック】

賞球数:3&10&13
大当たり確率:低確率時1/354.5 高確率時1/35.45
確変突入率:65%
ラウンド数:16ラウンド
カウント数:8カウント
時短:通常大当たり終了後100回

このスペックから、大当たり確率は若干辛目ながら、比較的高めに設定されている確変突入率で、連荘に対する期待をかなり高く持てる機種であるということが言えますが、例えばそういうことが分かるだけでも、そこから自分なりの攻略を想定することができますよね。

こういった想定を持って臨まないと、チャンスを掴めずに結局は負けてしまう可能性が高くなるので、事前の想定をできるだけしっかりとすることが大切になってくるわけです。そして想定ができたら、次はホールで可能な限り高効率な台選びをすることが重要になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。